FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. -------- |
  2. スポンサー広告 |
  3. Trackback(-) |
  4. Comment(-) |
  5. pagetop

煙突くん。1日で入替え&薪割り&メンテの巻

大町アルプスマラソンを来週にひかえ、申し込みをうっかり忘れ、エントリーできなかった為に、残念がっている煙突くんです。

本日も多忙なり。

本日1件目!ストーブ入替え工事
ダッチウエスト:フェデラルコンベクションヒーター"ラージ"「FA265」を御購入いただきました大町のお客様のお宅へ入替え工事に行ってまいりました。

痛恨のミス!写真を撮り忘れてしまいました!

使いこなれた味のあるログハウスのお客様。僕なんかよりも山の事や自然の事を熟知された関東より移住なされた素敵なご夫妻でした。
県内の某ストーブ会社のオリジナルストーブをお使いになり、10年以上。ストーブ大ベテランのお客様でした。

今まで大切にされてきたストーブは煙突内部もキレイな状態で驚きでした。
今後は外で楽しまれるそうです。

今朝の大町は4℃。

きっと今頃は慣らし焚きをしていらっしゃると思います♪

本日2件目は、出張薪割り代行サービス!
なんと、同行していただいたアルバイトマンは自称、斧職人!
「オレ割れない薪はねぇ!」とスパッと言い切る36歳!

・・・残念です。非常に。今日はチェーンソーで玉切りをしていただきました。

そして、煙突くんは薪割りマッシーン!

サクサクサクー!っとばかりに気持ちよく「バリバリバリー!」って使っていたら。

さすがは斧職人!「オレは薪割り機よりはえーゼ!」っと・・・恐れ入ります。

その後、Mr.Log Splitterと薪割りを終え、

本日3件目。「メンテナンス」
先日、残ってしまったストーブ磨き上げと、内部煙突塗装をさせていただきました。

それが、今回の写真です。

ノルウェーで生まれた、ドブレ社製 700SL

ドブレ薪ストーブの伝統的デザインを受け継いだだけでなく、丸みを帯びたスタイルにアレンジされているんです。
機能面ではクリーンバーンシステムを搭載しガラスに煤が付きにくいエアカーテン、薪は側面扉で入れるシステム。ドブレストーブの魅力である、広くて大きなガラス扉も特徴。ベルギーで育ったドブレ社の薪ストーブは、欧米を中心に古くから愛されているようで・・・最近ではドブレファンがいるそうで。。。

さてさて、仕上げですが、基本ものすごくキレイに使われていたこともあり天板のサビが少し気になるトコロではありましたが、ドブレ色を害さないようにポリッシュ仕上げ。

煙突部は耐熱専用のブラックペイント(煙突補修用耐熱スプレー)を使用しました。

ガラスは前回行いましたがガラスクリーナーでピカピカ!

作業終了時に、温かいコーヒーを頂きキレイなったストーブを眺め優しく温かなオーナー御夫妻と「早く焚きたいですね♪」っとおしゃべりしちゃいました♪

ずらずらっと本日の活動記録終了!・・・・・・参考・・・・・

●ダッチウエストフェデラルコンベクションヒーター"ラージ" ¥388,500-
本日の入替え商品は秋商談会特別価格で¥310,800-

●煙突補修用耐熱スプレー ¥2,520-

●ガラスクリーナー ¥1,890-

山風舎ショップにて販売中!すべて税込み。






okazaki dovre
スポンサーサイト
  1. 2012-10-13 |
  2. 現場ネタ |
  3. Trackback(0) |
  4. Comment(0) |
  5. pagetop

最近の煙突くん

名言だねぇ!

Calendar 1.1

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。