FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. -------- |
  2. スポンサー広告 |
  3. Trackback(-) |
  4. Comment(-) |
  5. pagetop

対決!アンコール・エヴァーバーン!メンテナンスどーん!の巻

基礎代謝やカラダ年齢が測定できる体重計で最近、41歳から40歳に若返った・・・
34歳。煙突くんです。


池田町:会染にあるお客様のストーブメンテナンスに行って参りました!

以前は、他の業者さまにお願いをしていたというお客様。

2連ハシゴで煙突掃除をしようとしていると・・・。

「以前は足場をかけていた」と・・・お客様。
屋根部にソーラーパネルがあることから足場をかけてのメンテナンスをずっとやっていたようで・・・。
メンテナンスの度に足場をかけることになると、予算が大変だなぁ・・・と思う煙突くん。

でも。デキル煙突くんはフツーに2連ハシゴでブラッシング!!
注 (煙突くんがデカイから、背伸びしてとどいたとかじゃなくて、得意ではないけど、高所作業をあまり恐怖に感じないの意味ですからね♪)

しかし、容易でなかったのがあったんす。

円筒形のトップ(Pトップ)と最上部の断熱煙突がメンテナンス用に外しやすくなっているのに・・

ぜんぜん外れない!!しょうがないので1つ下の継ぎ手部分で外し地面まで下ろし、トップ部は別に掃除いたしました。またコレが優秀なセルキルク製だから重いっ!!

コレは大変だった!


そしてそして、内部のストーブ本体!

ドーン!今回は!

アンコール・エヴァーバーン!
アンコールの非触媒タイプ。

簡単に説明すると・・・コンバスターがないの。

かっこよくちゃんと説明すると・・ストーブの背面に蓄熱性の高いハイテク素材であるセラミックファイバー製の独創的二次燃焼室を新たに設置。この燃焼ボックスでは、550℃以上の高温で煙の主成分である未燃焼成分を極限まで燃焼薪のエネルギーを最大限に引き出します。キーポイントとなるのは「乱気流」。二次燃焼室では、その内部を流れる未燃焼ガスに向かって複数の管から立体的に二次燃焼を放出し、乱気流を発生。再燃焼に適した混同気を作り出し、優れたコストパフォーマンスを実現した画期的なストーブ!


掃除の特徴ですが・・・。

まず。二次燃焼室(アッセンブリー)の裏側!左右に下に向かって穴が空いています。
引出状態になっているリフラクトリーシューから空気が流れるトコロ。
掃除機の先をスルスルっと差込、吸引っ!くまなく吸引!

ガツガツやりすぎるとセラミックファイバーが破損するので慎重に吸引!

今回のストーブさんは、特に目立った修復箇所などは見当たらず、
トップのクッキンググリドル(天蓋)にサビが気になったのでサビを落とした程度で、
ストーブペイントで仕上げました!


帰りに、こちらのお宅はパン屋さんなので、下見に来たとき買った「豆入りパン」をまた買って帰ろうとしたら・・・忙しそうにしていたので・・・気の小さい煙突くんは結局、買えずにかえりました。無念!

アンコールブラック
スポンサーサイト
  1. 2012-10-17 |
  2. 現場ネタ |
  3. Trackback(0) |
  4. Comment(0) |
  5. pagetop

最近の煙突くん

名言だねぇ!

Calendar 1.1

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。